正しい対処法でノロウィルスを撃退

強い感染力と激しい症状を持つ病気|ノロウイルスの感染予防

カキの調理方法

マスクと体温計

冬の味覚であるカキは、ノロウイルスの主な感染経路としてよく挙げられます。その理由としては、カキがエサとしているプランクトンの摂取方法が関係してくるのです。また、カキによるノロウイルス感染を防ぐためには、十分な加熱が必要になるでしょう。

詳細

汚染による感染

ウィルス

ノロウイルスにおいて恐ろしい点というのは、ノロウイルス患者を看病する際に発生する嘔吐物の処理にあります。嘔吐物を処理する際には、自身がウイルスに感染してしまわないよう徹底した滅菌作業を行なう必要があるのです。

詳細

潜伏期間と症状について

ウィルス

感染力が強く症状が辛い病気と聞くと、多くの人はインフルエンザを想像されるかと思います。確かに、インフルエンザは感染力が強く発症した時には高熱や倦怠感、喉の痛みや関節痛といった全身を伴う辛い症状が現れるでしょう。しかし、その他にも感染力が強く症状が辛い病気というのは存在するのです。その病気というのは、「ノロウイルス」のことを指します。ノロウイルスというのは、非細菌性急性胃腸炎を引き超すウイルスの一種で、赤ちゃんからお年寄りまで年齢・性別問わずに感染し症状を引き起こしてしまうのです。具体的な症状としては、主に高熱・嘔吐・腹痛・下痢が挙げられます。いずれも激しい症状として現れるため、仕事や学校を休まざるを得ないでしょう。

ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間といわれ、潜伏期間中に微熱が出ることがあります。しかし、そういった初期症状が現れることは稀で、基本的には突発的に激しい腹痛と吐き気を催すのです。症状がひどければ、一日に何度も嘔吐することになってしまうでしょう。嘔吐が治まると、続いて下痢の症状が現れます。このように、ノロウイルスというのは主な症状が分かれて現れるのです。辛く苦しい症状が続きますが、一般的には1日から2日で症状が治まると言われています。ただし、免疫力の弱い赤ん坊や老人の場合だと、それ以上の期間苦しむ可能性があるのです。そのため、自身がノロウイルスに感染した時には、赤ん坊や老人に感染させないよう細心の注意を払いましょう。

最適な殺菌消毒方法

男女

ノロウイルスの予防として殺菌消毒用のアルコールを購入しようと考えている方がいるのであれば、アルコールではなく次亜鉛素酸ナトリウムや消毒用エタノールの購入をお勧めします。

詳細